Bamboo Community
 受発注情報  お役立ち情報  ショッピング  趣味・娯楽  交流  携帯
ホーム
 

お役立ち知恵袋コーナー

 健康アラカルト(食中毒にご用心)
食中毒

食中毒は、その多くが食中毒病原菌が付着した食べ物や飲み物を飲食することによって起こります。(ほかに、ふぐの肝・毒キノコなど体に有害なものを飲食して起こるものなどもあります。)

主な症状は、吐き気・おう吐・腹痛・下痢など急性の胃腸炎障害ですが、ふぐや毒キノコの中にはマヒなど神経症状が出るものもあります。

一般に、食中毒菌は食べ物が腐ったときのように味や臭い・糸をひくなどの変化が起こらないため、食べてよいか悪いかの判断は見た目ではわかりません。食中毒を予防するためにも日頃の食品等の衛生管理を十分に行うことが大切です。

食中毒は暑い夏に多発します。1年間で発生する食中毒事件の7割近くが6月から10月までの間に起きています。なかでも、7.8.9月は高温多湿の気候で、細菌にとって繁殖するすい条件となるため、発生もピークに達します。

また、冷たいものがおいしく感じられるため、加熱せずに食べる機会が多いことや、暑さで私たちのからだも弱り、抵抗力が衰えがちであることも影響します。

しかし、最近では冬場でも油断はできません。意外に寒い時期にも発生しているので、夏場に限らず冬場の料理の保存なども十分注意しましょう。
 
食中毒予防の3原則
食中毒を予防するためには、食品類から食中毒菌による汚染から守ること。また、食品中の細菌が増殖しないうちに早く食べること。加熱などにより食品中の細菌をなくすか、または低温保存などで細菌の増殖する機会を与えないことなどが大切です。

そのためには、食品を取り扱う上で「清潔」「迅速」 「加熱また冷却」の3つの原則を守ることが何より重要です。

◎食品は新鮮なものを!(消費期限表示を確認)
◎調理前はもちろん、調理中もこまめに手洗いを!
◎手指に傷があるときは直接食品に触れない
◎調理器具は洗剤・流水などでよく洗い、煮沸や消毒薬も有効に使う
◎食品は区分けして保存

◎できるだけ早く調理
◎でき上がった料理は早く食べる
◎常温で長時間放置しない
◎食品はなるべく火を通す
◎調理途中で放置しない
◎食品は低温で保存(5℃以下で冷却)
◎冷蔵庫の開閉を少なくする
 バンブーコミュニティー
ものづくりコミュニティー
通販サイトのコミュニティー
福井県のコミュニティー
冠婚葬祭なまえスタンプ
お役立ち情報

ダイエットヘルパー
健康アラカルト
インフルエンザQ&A
腱鞘炎について
ぎっくりごし
やっぱり和食が一番
ごはんをもっと食べよう!
糖尿病の危険信号
食中毒にご用心
歯並びについて
元気な歯は健康のシンボル!

育児アラカルト
指しゃぶりは歯並びに影響する?
上手なしつけはバランスが大切!
ジェット噴流バス
子供の絵本

生活情報
冬物衣料の洗濯
女子大生が袴姿になるのは
鏡餅としめ飾りはいつまで
慶弔印 オススメ
五線くん オススメ

お料理情報
やせて若返るヘルシーメニュー
牛乳が苦手な方向けシチュー
おせち料理にもう一品
ハレの日の食卓
お餅を中までやわらかく
だて巻きレシピ
さつま芋の2色きんとん
りんごきんとん
かしわもちを作ってみませんか!
大豆はパワー(栄養)の宝庫
打豆を使った料理
世界の料理(イギリス編)
チヂミの作り方
鮭のホイル焼き
中国料理4品のレシピ
梅酒ゼリーの作り方
旬の食べ物で健康に!(秋編)